弁護士を雇うメリット

無制限は決して高額な示談金をもらえるわけではありません

どんなに安全には気をつけていても、相手側の不注意で交通事故に巻き込まれることがあります。そんな場合、あなたは被害者だからと言って手厚い補償を受けられると思っていませんか。 実は、相手側がきちんとした対応をしてくれ、なおかつ任意保険に加入し、賠償額が無制限になっていたとしても、賠償金の額は期待しないほうがいいかもしれません。賠償額が無制限だからと言っても、あなたが最先端の治療を受ける費用をだしてくれるわけでもありません。 相手側の保険会社が提示する金額を見て驚く方も多いようです。予想よりも随分少なく感じる方が多いのです。相手はプロだから、この金額はきっと妥当なものだろうと思い、即承諾必要はありません。 まずは、交通事故問題に強い弁護士に相談してみてください。

弁護士をつけるかつけないかで金額に大きな差がでます

交通事故に弁護士をつけるなんて、大げさだと思うかもしれません。又、弁護士費用がもったいないと思うかもしれません。 しかし交通事故の被害者が弁護士をつけることによって示談金の額が大幅にアップすることが多々あります。弁護士費用は示談金のアップ分に比べれば、少ないものでしょう。 なぜこのようなことが起こるかと言えば、保険会社はなるべく安い金額でおさめようとするからです。診断書ひとつとっても、減点法で計算します。何も診断書にウソを書いてもらう訳ではありませんが、表現の仕方一つで結果が変わることもあります。そのあたりのノウハウを持つ弁護士をつけることがポイントです。又、保険会社も弁護士が交渉相手だと対応が違ってきます。示談金が当初の倍になることも珍しくはありません。 初回無料相談などを利用して、一度弁護士に相談してみてください。

Page Top