相続税の深刻手続き | 離婚相談や交通トラブルなど~弁護士にガードしてもらう~

相続税の深刻手続き

相続税の申告手続きを頼んだ際にかかる費用について

相続税の申告手続きは、被相続人の死後10ヶ月以内に行う必要があります。10ヶ月もあれば何とかなるだろうと気軽に考える人が少なくありませんが、実際には期限ギリギリになってから四苦八苦するハメになる人が大勢います。人が亡くなると、相続関係の様々な手続きが必要になります。細かい話になりますが、電気やガス、水道などの契約名義人の変更手続き等も必要になりますので、とても忙しい思いをすることになります。そのような状況で、普段やり慣れていない税金の申告手続きを自分で行うというのは、はっきり言ってかなり大変です。そのため、税務業務の専門家である税理士に相続税の申告手続きを依頼する人がとても多くなっています。気になるのがその費用ですが、だいたい遺産額の0.5〜1.0%程度の料金が発生することになるケースが多いです。

税理士を利用する人が多くなってきました

相続税の申告手続きを自分自身で行うことはもちろん可能です。先程、税理士に相続税の申告手続きを頼んだ場合は遺産額の0.5〜1.0%前後の料金がかかるケースが多いと書きましたが、相続財産の額によってはかなり高額の料金が発生する可能性があります。自分で申告手続きを行うようにすれば、その費用をゼロにすることができますので、かなりお得になります。しかし、現実的には、税理士に相続税の申告手続きを頼む人の数が多くなってきています。昔から遺産の取り分をめぐって相続人同士が揉めてしまうことがよくありましたが、最近はそのようなケースが昔よりも増えてきています。そのため、納税期限ギリギリになってから申告手続きに取り掛からざるを得ないケースが増加しており、税理士に頼る人が多くなっています。

Page Top