仕事依頼の方法と理由

弁護士に仕事を依頼する方法

交通事故の解決に向けた交渉が長引くことがあります。自動車保険の交渉人に任せていたけれど、さまざまな理由からこじれてしまい裁判に発展しそうだという場合、早めに弁護士を立てることをお勧めします。このところでは自動車保険の特約として弁護士費用も保険から用立てることができます。また契約している損保会社から弁護士を紹介してくれる場合もありますので、このような制度や保険特約を利用される方が多く見られます。ただし、弁護士特約を結んでいない場合や任意の自動車保険に加入していない場合は、このような制度を利用できません。こういった場合はお近くの弁護士に気軽に相談をしてみましょう。交通事故に関して知識を持った方が多く、親身になって相談に乗ってくれます。

依頼することが人気の理由とは

交通事故でなかなか解決に向かない場合、弁護士を立てるケースが人気となりました。もらい事故や被害者に非が全くない場合、加入している損保会社の交渉人を交通事故の事故処理のためにたてることができません。この場合、加害者が加入する損保会社の交渉人のいいなりになってしまうことが多く、不利な交渉となってしまう場合があります。弁護人を間に立てることで、交渉事をスムーズに進めるだけではなく有利に事を進めることができるメリットがあります。 また加害者である場合でも、弁護人を立てて交渉を進めていくことで、多額の損害賠償を求められるケースから逃れられる場合もあります。また、相手の過失割合を少しでも増やし、加害者側の負担を減らす交渉にも応じてくれるなどのメリットもあるのです。

Page Top