弁護士の費用 | 離婚相談や交通トラブルなど~弁護士にガードしてもらう~

弁護士の費用

弁護士に債務整理を頼んだ場合の費用

弁護士に債務整理を依頼する場合、必ずお金がかかります。なので、当然、どれぐらいの弁護士費用がかかるのかをあらかじめ計算しておく必要があります。もし、債務整理をして減らせる債務よりも弁護士費用の方が多かったら意味がないからです。 では、だいたいどれぐらいの費用がかかるのかというと、まず任意整理の場合、弁護士によって幅はありますが、一件につき15000円から30000円程度と考えておくといいでしょう。この一件というのは交渉相手のことであり、借入先が五社あった場合は五社と交渉を行うので一件あたりの費用かける五倍というのがトータルで弁護士に支払うお金ということになります。 自己破産の場合は、破産手続き自体をまとめていくらという計算になり、借入先が何件あっても金額は変わりません。だいたい20万円から40万円程度と考えておくといいでしょう。

弁護士に頼む場合と自分で行う場合の違い

債務整理の中には特定調停など、債務者が自分で行うやり方もありますが、弁護士に債務整理をした場合、どのような点が違うのかというと、借入先との交渉を一切行わなくていいということです。弁護士に依頼したら、その時点で借入先からの連絡は一切なくなります。その後、返済を開始して、特に遅延などなく返し終えたら、当然、そこで借入先との関係はなくなるので、まったく話をしなくて済むのです。 なので、借入先の人と話したくないという場合は、弁護士に頼むのがいい方法です。 また、任意整理を弁護士に頼めば、債務整理が公的な記録として残ることはないので、記録を誰かに見られて債務整理をしたことがばれてしまうという危険性はまずありません。

Page Top